小池繁夫アートプリント: LFGローラント C Iia 偵察機

Product Description

LFGローラント C Iia 偵察機は1914年、第一次世界大戦勃発の翌年10月に初飛行、1916年の春には戦線に配備され偵察機として活躍しました。流線型の木製モノコックの胴体、少ない張線、胴体に直接取り付けられた上翼等全てが空気抵抗を減らすためのデザイン。その甲斐あって複座機でありながら戦闘機と同等の速度性能を持ち、時には爆撃機の役割まで担った優秀機として記憶されました。

◇ 富士重工カレンダー、ハセガワの航空機プラモデルのパッケージ画等多くの航空イラストレーションを手懸けている『小池繁夫』氏のアートプリントシリーズです。アイボリー掛かった厚めのアート紙に原画と見間違うばかりの高精度の印刷で作品を写しとりました。
まとわりつく空気の流れまで再現した機体、表情を持った雲、空気の層を透して見る地上など『小池繁夫』氏の描くアビエーションの世界を存分に楽しんでいただけます。

◇ イラストサイズ:400×315mm(原寸大)/アートプリントサイズ:625×453mm ◇

特製専用ケースに入れ、折れ曲がらないよう強度十分な段ボールのパッケージで梱包しお届けいたします。

Koike

ポインターを画像の上に合わせて拡大イメージを表示