小池繁夫アートプリント: ドルニエ Do18E "ツェーフィル号" 郵便輸送飛行機

Product Description

Do18Eは大西洋横断路線を目的にルフトハンザが要求、飛行艇で名をはせたドルニエ社によって1935年に初飛行しました。描かれたツェーフィル(南西風)号は4機造られた民間型Do18Eのうちの一機で、1936年9月にニューヨークまでの4,460kmを22時間15分で飛んだ記録機でした。

串型のエンジン配置や胴体の両側に張り出したスポンソン等の特徴的な機体形状、ジュラルミン肌を再現するその技法と緻密な背景は鑑賞に値するお薦めの一枚です。

◇ 富士重工カレンダー、ハセガワの航空機プラモデルのパッケージ画等多くの航空イラストレーションを手懸けている『小池繁夫』氏のアートプリントシリーズです。アイボリー掛かった厚めのアート紙に原画と見間違うばかりの高精度の印刷で作品を写しとりました。
まとわりつく空気の流れまで再現した機体、表情を持った雲、空気の層を透して見る地上など『小池繁夫』氏の描くアビエーションの世界を存分に楽しんでいただけます。

◇ イラストサイズ:400×315mm(原寸大)/アートプリントサイズ:625×453mm ◇

特製専用ケースに入れ、折れ曲がらないよう強度十分な段ボールのパッケージで梱包しお届けいたします。

Koike

ポインターを画像の上に合わせて拡大イメージを表示