小池繁夫アートプリント: ロッキード・モデル049「コンステレーション」旅客機

Product Description

コンステレーションはアメリカ国内航空の大手トランスワールドエアラインのオーナーであったハワード・ヒューズの支援の元1939年に開発がスタートしました。与圧されたキャビンを持った無着陸でアメリカ横断が可能な機体というのが開発コンセプト。戦時中に完成した機体はすべて軍用輸送機となり発注元のTWAに納入されたのは終戦後でした。

この画は1946年にTWAが初の国際便に就航した時の「パリの星」号。ジュラルミンのギラギラするような描き分けが非常にステキな一枚です。

◇ 富士重工カレンダー、ハセガワの航空機プラモデルのパッケージ画等多くの航空イラストレーションを手懸けている小池繁夫氏のアートプリントシリーズです。アイボリー掛かった厚めのアート紙に原画と見間違うばかりの高精度の印刷で作品を写しとりました。
まとわりつく空気の流れまで再現した機体、表情を持った雲、空気の層を透して見る地上など小池繁夫氏の描くアビエーションの世界を存分に楽しんでいただけます。

◇ イラストサイズ:400×315mm(原寸大)/アートプリントサイズ:625×453mm ◇

特製専用ケースに入れ、折れ曲がらないよう強度十分な段ボールのパッケージで梱包しお届けいたします。

Koike

ポインターを画像の上に合わせて拡大イメージを表示